iikaori


更新できない間もたくさんのご訪問ありがとうございます。

そして、介護を頑張っていらっしゃる方々のコメントやメールは
私の心をほっこりとさせてくれました。
ありがとうございました。

■つぶやき■
■母と断捨離■

関連記事です



断捨離やもたない暮らしの話は出てきませんが、
お時間ございましたらお付合いくださいませ

同じように悩まれている方のヒントになればと
公開します。これは、あくまでも母の場合のお話です。

耳鳴りと言えば、耳鼻科でしょう


そう思って、母に耳鼻科の受診を進めました。
それでもよくなる気配もなく、ますますひどくなり
眠れない日々が続き、さらには、心の健康までも奪われてしまいました。

もちろん耳が悪くないのか
身体に悪いところがないのか
検査をしておくことはとても重要です。

それをすべてクリアにして。

最後に、扉を叩いたのは、『心療内科』でした。

そこでの、先生のひとこと

『今日から、よくなる。今日から、眠れるようになる。』

耳鼻科では、耳鳴りは治せないと。(母の場合です)


長いトンネルから抜け出せそうな気がしました。

母の顔もパッと明るくなりました。

私は、とても未熟な人間です。
母がつらい時、『もう早く帰って』そう言われて
とても腹が立ったこと。
なんどもつらいと電話をかけてくる母に、冷たくしてしまったこと。
母の言葉は、すべて病気が言わせていること。
そう気が付くまでに時間がかかりました。
もっと、早く心療内科に連れて行ってあげれば、
母もつらい思いをせずに済んだのに。
引っ越しをした時に、もっとサポートができていれば
こんな風にならなかったのに。
後悔ばかりです。いつまでも強いと思っていた母は、年齢と共に弱くなる


心療内科を受診して、ちょっと明るい兆しが見えたはずだったのに
電話をすると、しんどくて動けない。買い物行けない。
そう言われると、たくさんの買い物袋を抱えて母の元へと足が向く
先週から仕事、介護と続いていたので、もうへとへとになりながら・・・
今日は薬を数えてみると、どうやら朝の薬を飲み忘れていたことが
不調の原因。・・・・・だといい。
薬を飲めば、明日は元気になる。そう信じたい。

家にいる時間がないとなんだか家の中も雑然としてきます
でも今日は、家に帰ると、長女が、洗濯物を畳んで、部屋やお風呂のお掃除をして
待っててくれました。うれしい。
唯一弱音を吐ける存在の主人は、一緒になって考えてくれる。
京都に遊びに行っていた次女は、おばぁちゃんにって、お茶のお土産。
職場の友人は、いつも大丈夫、大丈夫って言うけど、たまには、大丈夫じゃないって言っていいんよと
心をほぐしてくれる。

心のバランスが私も崩れそうになった時、
まわりにサポートしてくれる人がいる。
悲しくてつらい時は、わんわん泣いて、時が過ぎるのを待つ


母には、私がしたいことをするだけ。
母との時間を過ごす、『神様からのプレゼント』そう思う事にした。



耳鼻科の先生も、内科の先生も
心療内科に行きなさいとは、言ってくれませんでした。
もし、辛い症状が続いているのなら一度考えてみてください。
紹介状をお願いしてようやく受診することができました。







にほんブログ村 その他生活ブログ 断捨離へ
にほんブログ村

最後までお読みいただきありがとうございました

riamo*