IMG_8890


お天気が良かったので、ラグを干してお掃除
なにもないとお掃除が、楽ちんです。

さて、実家の断捨離に行ってきました。
11月住み慣れた住まいの引っ越しを決めた母
その前に、家の片付けが待っていました。

■実家の断捨離■

前から、押入れの戸袋を片づけて欲しいと頼まれていましたので
行ってきました。
出てきましたよ。それはそれは、年代ものの、モノ、モノ、モノ

私の通知表、こどもの頃に使っていたポシェットや、かばん
木箱に入ったままの食器、昔のアルバムや、卒業アルバム


母から出てくる言葉は、

『なんで、こんなもの置いていたんやろう』でした。


ほとんどのモノは、処分でした。
不要なモノと、暮らすことは、こんなに窮屈になる。
押入れの戸袋は、空っぽになりました。

『お母さんの世代は、しょうがないよね。モノがあるほうが豊かやったもんね』と、言うと
母は、『わかってくれる?』と、言っていました。

今でこそ、断捨離や、持たない暮らし、ミニマリストを選択できますが
ひと昔前までは、たくさん持つことが豊かだと信じられていたのだと思います。

『ここも片付ける?』と、他の場所も聞いたら、『ここは、自分でするからいいよ』と。
母の意見は尊重して、それ以上立ち入らないこと。本当は、あれもこれもと、言いたいところだけど
なにも言わないことが、実家の断捨離のうまくいくコツだと思いました。



歳をとると、身体がうまく動かなくなる
高い所も、重い荷物も持てなくなる日が来ます。
だから、日々、断捨離を心がけて、不要なモノを減らしていくこと
自分のモノを、自分で処分ができるうちに、
娘たちに、不要なモノを残して置かないように、日々、向き合っていこうと思いました。
主人にこれを言うと、まだ若いのにって笑っていましたけど(笑)
でも、いつかいつかと思ううちに、その日は、やって来るのです。

ご一緒にもたない暮らしはじめませんか?

ブログ村テーマ
もたない暮らし



ブログ村テーマ
断捨離でゆとり生活
断捨離シンプル&ミニマムな暮らし
スッキリさせた場所・もの
服の断捨離 ・ 整理収納
1日1断捨離
ビフォー・アフター




最後までお読みいただきありがとうございました。
お帰りの際にポチンと応援いただけると
喜びますーーー!

riamo*